The Down & Outs

Next Big Things、すなわち次に来るバンド!巷じゃ既に人気者のバンドから、ただいま成長中のバンドまで。
Two Door Cinema Clubみたいに契約やワールドツアー、来日などで羽ばたいたバンドはオススメにも昇格(?)登場しますので楽しみに成長を見守っていきましょう!

The Down & Outs (Glasgow)
The Down & Outs

ワルツを踊るハッピー・リバティーンズ?

グラスゴーのThe Down & Outsは、ある意味ノスタルジックなギターバンドだ。ただしDelaysがそうであるように確信犯的にそうなのだ。ボーカルのクラークはライブ中に突然ワルツを演奏して、冗談かと思うと本当にオーディエンス相手にワルツを踊ったという。ビートルズなど60年代の影響も真っ向から認めている彼ら。ポップでキャッチーなバンドはたくさんいるって?Hideand Seekを聴いてみて欲しい。ふと脳裏に浮かぶのは何故か、幸せ一杯、若くて無邪気なピート&カールの姿だったりするのだ。『ギターロックは終わったって?』と反語で自らのコピーを作るところも文系ロックの本領発揮か?2007年4月2日には限定7″シングル『JulieAndrews』をリリース予定。

THE DOWN & OUTS – EASY COME EASY GO (live)

The Down & Outs – Julie Andrews
(BOX – The Next Big Thing より)

http://www.myspace.com/thedownouts

※2012/02追記
Julie Andrewsをリリースした後、「She’s my baby」というPVを作成したThe Down & Outsだったが、正直ギターのロスが抜けてからの彼らはクラークのビートルズ好きが高じてか普通にレトロなバンドになってしまった印象。ちなみにベースのフィッシャー君は激しくヘヴィーメタルなバンドを結成した模様。

広告

eejitrecords について

イージットレコードは スコットランドと北アイルランドの インディー・ロックバンドを断然応援中!

投稿日: 22/12/2006 | カテゴリー: NBTs 次に来るのはこいつらだ! | パーマリンク The Down & Outs はコメントを受け付けていません。.

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。