2007年2月のイチ押し:The Black Alley Screens

TBAS

メンバー: Kyle (b), John (d), Decky(vo, g)

誰もかもが、千差万別自分だけの音楽のテイスト、好き嫌いの基準になるものを持っている。だから、バンドに捧げる最大級の誉め言葉っていうのも、自ずと人によって違ってくる。「上手い」、「美しい」、「音がいい」、「重い」、「新しい」、「泣ける」、「踊れる」・・・音楽を表すのに色んな表現はあるけれど、何が大事だって思うかによって、何が賛辞になるかは違う。たとえば「あのバンドってホント上手いよね」って言ったとしても、ウマいことが重要だって思ってない人間の口から出てるんだったら、それは実は、大した誉め言葉じゃない。

Eejit Recordsが最も重要視するのは、「ワクワクするかどうか」の一点。「ワクワク」なんて、これもまた人によって感じ方は違うってことは重々承知。でも、抑えようにもお腹の底から湧き上がって来てしまう楽しさ、無我夢中に突っ走ってしまう若さ、つかみ所の無い得体の知れなさ、電気に打たれたみたいに痺れるカッコよさ、そんな漠たるもの全てをカバーしてしまう卑怯な万能語、それが私たちの「ワクワク」だ。私たちは常に、「ワクワクするもの」を信じてる―それはつまり、ジャンルでも系譜でもクオリティでさえなくて、今そこで鳴ってる音がどれだけ胸に迫るかが、大事だと思ってるってことかもしれない。

TBASは、間違いなくとびきりワクワクするバンドだ。上手いバンドも綺麗なバンドも革新的なバンドも、ほかに幾らでも居るに違いない。でも単純に、彼らの鳴らす、無防備に真っ直ぐで疾走感のあるエッジの効いた音楽が、好きでたまらない。バンドのサイトを見ても、せいぜい「ストロークス風グランジを取り入れたモダンなTheJam」なんていうトンチンカンな表現しか出てこないんだったら、私も細かく表現するのは諦めてこう言おう。「とにかくいいから聴いてみて!」。

MySpaceには新曲がアップされたばかり。ところでTBASのメンバーは、北アイルランド出身でグラスゴー在住。これもまさに、Eejit Recordsで紹介しないわけにはいかない条件を満たしている。

MySpace URL :http://www.myspace.com/theblackalleyscreens 

Black Alley Screens – Art of Fitting In (2008)

※2010/12/14追記
2009年春にはシングル『Class A Anecdote』を正式リリースするも、同年秋、Young Aviatorsとして新しく活動を再開した三人。2010年冬にはReefのサポートでUKツアーと、今後が益々楽しみな三人です。 ムダグチ出張所の関連記事はこちら。 

広告

eejitrecords について

イージットレコードは スコットランドと北アイルランドの インディー・ロックバンドを断然応援中!

投稿日: 17/12/2007 | カテゴリー: イチ押し | パーマリンク 2007年2月のイチ押し:The Black Alley Screens はコメントを受け付けていません。.

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。