The Dykeenies

Eejit Recordsがオススメしちゃう、インディーからメジャーへと羽ばたきつつあるバンドたちです。日本でも音源入手可能なバンドが多いので、要チェック!写真下のビデオで試聴してみてください。 殆どのものは掲載当初の文章をそのままお届けします。最新情報は『ムダグチ出張所』にて! まだ誰も知らないバンドもチェックしたい?そんな時はぜひ「NBTs次に来るのはこいつらだ!」をご覧ください!


The Dykeenies (Glasgow)
The Dykeenies平均年齢ハタチそこそこの5人組、ザ・ダイキーニーズ。キラキラ輝くような清々しい音が特徴のポップ・ロックバンドは、既にNMEツアーへの参戦などUK中で知られる存在と成長した。2008年にはPigeon DetectivesらとアメリカのSXSWにも参加。 XFMスコットランドの目玉プログラム「X-posure」の中で、名物DJであるJimGellatelyが毎週ひとつ新人バンドを取り上げる”ショーケース”のコーナーは、地元のインディバンドにとっての登竜門だ。コーナー始まって二週目のショーケースバンドが、このダイキーニーズだった。彼らは、グラスゴーの有名なライブ会場キングタッツがレーベルとしてシングルリリースした最初のバンドでもある。

 

 
The Dykeenies – Waiting For Go

http://www.thedykeenies.com/
http://www.myspace.com/gofindthedykeenie

 

※2012/02追記
2011年にセカンドアルバム「Canyon of Echoes 」をリリースするも、2012年1月に解散を発表したThe Dykeenies。ボーカルのブライアンは元Drive by Argumentのコリンと二人のユニット、The Mouse That Ate The Cat’s でも活躍中。このTMTATCがまたいいので、ぜひチェックしてみてください。、
www.myspace.com/tmtatc
www.facebook.com/TMTATC

 

 

広告

eejitrecords について

イージットレコードは スコットランドと北アイルランドの インディー・ロックバンドを断然応援中!

投稿日: 21/04/2008 | カテゴリー: オススメバンド | パーマリンク The Dykeenies はコメントを受け付けていません。.

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。