2008年11月のイチ押し:Two Door Cinema Club

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバー: Sam (g), Kev (b), Alex (vo)

 

エレクトロポップ少年が大志を抱く!

ケミストリーか錬金術か? いや黄金は少年達の信じる心が生み出した。 ♪良きことは上手く行くはず♪と。まさに!

2008年11月7日(金)はTwo Door Cinema Club(ツードアシネマクラブ)にとって分岐点になるかもしれない。BBC6ラジオのSteveLamacqの番組でインタビューを受け、「2009年にブレークするバンドのトップ10リストに取り上げる人が出てくるだろう」と言われたのだから。 ツードアシネマクラブは2007年、北アイルランドのバンガーで結成された。大学進学試験の心配をする年代でありながら、幾つかのバンドに在籍するも、ケミストリーが生まれたのは現在のトリオになった時。ドラマーが去った後、三人で曲作りを始めた途端、何かが始まった。ツアーをする機材もお金もない少年達はMySpaceに2曲をアップ。途端にライブのオファーが舞い込んで、あっという間に10ものライブ予定が決まった。緊張しながら始めた地元のライブ・サーキットでは、MySpaceで覚えた『WeGo Forward』を若いオーディエンスがシンガロングして彼らを支えたのだった。去ったドラマーの代わりに、ステージにはMacノートがいた。もはや、Macノートは代わりではなく、バンドメンバーになっていた。 Steve Lamacqが番組で、いみじくも同意してくれたように、ツードアシネマクラブの音は「野心的」で「印象的」だ。北アイルランドのインディ・バンドは頻繁にDeathCab for Cutieに比較される。Panda Kopandaしかり、Kowalskiしかり。ツードアズの場合は、Broken SocialSceneという比較もあるが、一体そんな型にはめ込む比較にどれだけ意味があるのだろうか?Steve Lamacqが親心を発揮して「DeathCabに比較されているようだけれど、違うよね。全く新しい音楽だ。」と言ってくれるのに対して、インタビューを受ける当のケヴ(ベース担当)は意外に無頓着であったのが楽しかった。バンドが自分達の音を紡ぎ出している時、既存のバンドとの比較に大きな意味がないことを誰よりも自覚しているのであろう。 エレクトロ?、Yes、超ポップ?、Yes、美しい?、これもYes、楽しい?そうそう! 『Something Good Can Work』、良きことは上手く行くはず。ウンチクより曲自体が物語ってくれる。 マネージメントはベビシャンやホロウェイズ、CSSからカイリー・ミノーグまで擁するPrimary Talentに決定。ビョークやBlack Kidsなどのレコーディングに参加したAlex Dromgooleをプロデューサーにシングルをロンドンでレコーディングと順風満帆のツードアシネマクラブ。期待と興奮にキラキラと眼を輝かせながらも、自分達が何をやっているかを見失わない、この頼もしい三人の少年達の2009年が楽しみで仕方ない。自主制作EPには収められていない『Something Good Can Work』は、2008/11/08現在彼らのMySpaceページで聴ける。

HP: http://twodoorcinemaclub.com/ MySpace URL :http://www.myspace.com/twodoorcinemaclub

 

そして2年後、2010年ののTDCCと来たら・・・!!!

 
TWO DOOR CINEMA CLUB perform UNDERCOVER MARTYN
by Babysweet Sessions (2010)

TWO DOOR CINEMA CLUB perform UNDERCOVER MARTYN by Babysweet Sessions (2010) 『Tourist Hitosry』のデラックスバージョン発売に合わせて発表されたBabysweet Sessionsによる旅する三人の姿は、こちらのBabysweet Sessionsのページで一番詳しくご覧いただけます!

You Think You Know, You Don’t Know: A film about Two Door Cinema Club

※2010/12/14 Two Door Cinema Clubのその後についてはもう言うまでもないだろう。British Anthemsで初来日を果たした後、アルバムは当然のごとく日本盤が発売され、単独来日、2011年の再来日決定と日本における人気バンドの地位を確立。ヨーロッパ、UK本国はもとよりアジア各国、北米、南米と世界中でファンがツアーを待っている。 イージットレコードのブログ『ムダグチ出張所』でその成長の軌跡を追っているのでぜひご覧ください。。

 

広告

eejitrecords について

イージットレコードは スコットランドと北アイルランドの インディー・ロックバンドを断然応援中!

投稿日: 18/11/2008 | カテゴリー: イチ押し | パーマリンク 2008年11月のイチ押し:Two Door Cinema Club はコメントを受け付けていません。.

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。