2013年9月のイチ押し:RAMS’ Pocket Radio

RAMS-Pocket-Radio-photo5


聞こえる?天からの贈り物

RAMS’ Pocket Radio
 
 
決して真面目な生徒ではなかったけれど、「Gift」という言葉の意味を習ったときのことは、よく覚えている。「贈り物だけじゃなく、Giftには、才能って意味もある。才能は、神様からの贈り物だからだよ」。そう聞いて、すんなり意味が入ってきた。日本語にするなら、天分とか天稟とか、そういう言葉になるだろう。

どうしてこんな話から始めたかというと、RAMS’ Pocket Radioの音楽を聴いて思い出さずにいられないのが、この「Gift」という単語だからだ。世の中には天から贈り物を授かったとしか思えないような人たちがいる。そして、RAMS’ Pocket Radioとして活躍するミュージシャンPeter McCauleyは、間違いなくその代表格だ。

2013年9月に発売されるRAMS’ Pocket Radioのデビューアルバム、Béton。そこに収録された、全く異なる輝きの10曲を聴いて、あなたが見つける彼の音楽的ルーツは、どんなものだろう。いくつものバンド名が挙がるかもしれないし、様々なジャンル名が挙がるかもしれない。それぞれの聴き手が、それぞれの答えを見つければいいと思う。大事なのは、北アイルランド出身のこの二十代半ばの青年が、恐ろしく多岐にわたる既存の音楽という音楽を吸収しつくして、自分の音楽に還元しているという事実である。

ライブで見る彼は、音楽の申し子としか形容のしようがない。ある時はバンドと、ある時はソロでステージに立ち、ピアノ、ドラム、鉄琴など、様々な楽器を自分の体の一部のように操る。紡ぎ出されるメロディやバイブが伸びやかで表情豊かな歌声と調和して、時に情熱的、時に辛辣、時に繊細な、その場限りで消えてしまう一瞬の「完璧」を創り上げる。

彼の才能に魅せられ、彼の活動を追う中で、ひとつ印象深かったことがある。一年ほど前、ある音楽フェスティバルの日の朝に、彼が「この近くで、いい教会はないかな」とフェイスブックに書き込んでいたのだ。そういえば彼の書く詞も、神を意識させるものが多い。

ピーターという人がどんな人かは、知らない。彼の指す「神」が何者であるかも、ここでは問題ではない。ただ、彼ほどに才能のある人は、与えられたものの大きさゆえに、神の存在をより強く感じるのかもしれない、と勝手に想像している。何の才もない凡人にとっては理解しようのないことだが、才能のある人間は、与えられた才能を形にして人々に供するという重い「使命」も、天から与えられているのに違いない。

その使命をしっかり受け止め、音楽を通して世界を、人々を、また神を見ているかのようなピーターの、RAMS’ Pocket Radio。よく「Epic(壮大な)」と評される音をかかげて、きっとこれから更に、大きな舞台へ羽ばたいていくことだろう。そんな彼の前途を信じ、成功を祈りながら、彼が同時にいつまでも地元の訛りで歌い、ベルファストの横道を入ったところでバスキングをしているような、そんなミュージシャンでもいてくれるよう願っている。  (1号)

 
RAMS’ Pocket Radio – Dogs run in packs

http://ramspocketradio.tumblr.com/
http://ramspocketradio.bandcamp.com/
https://www.facebook.com/ramspocketradio

広告

eejitrecords について

イージットレコードは スコットランドと北アイルランドの インディー・ロックバンドを断然応援中!

投稿日: 04/09/2013 | カテゴリー: イチ押し | パーマリンク 2013年9月のイチ押し:RAMS’ Pocket Radio はコメントを受け付けていません。.

コメントは受け付けていません。