2014年12月のイチ押し:Sea Pinks

SeaPinks-Photo

夢の手触り Sea Pinks

現実を、生きてる。それってそれだけでどうしようもなく苦かったりしんどかったり悲しかったり、だからこそうれしかったり楽しかったりもあるのだけれど。夢中で生きてそれだけで精いっぱいになって、ふと立ち止まったとき、つみ重ねた時間の山を前に、呆然と思ったりする。「それってホントに、私のほしいものだったんだっけ?」

小さいとき、やたらと不確かなものにあこがれた。通ったことのない小路、自分しか知らない雑貨屋、母が内緒で連れていってくれた喫茶店、ショーウィンドーに飾られたプレゼントの箱。そこがどこかとか、中身は何かなんて、どうでもよかった。ただ、どこか違う世界に迷い込むための、夢への通路を探していたんだと思う。でも、それは全部、どこに行ってしまったんだろう。結局その不確かな憧れを、私は形あるものとして見つけることはできたんだろうか。

7年前に初めてベルファストへ行ったとき、ちょうど今ぐらいの季節だった。街はほのかな白色のイルミネーションで飾られていて、クリスマスマーケットが立っている市庁舎前の広場には、観覧車まで回っていた。入るカフェやパブはどこも、温かく湿った空気に満ちて、人々の笑いで華やいで。それは幼い私のあこがれたすべてが詰まったような、冷たい雨にそぼ濡れた、小さな夢の街だった。

そんなベルファストのバンドSea Pinksが2014年9月にリリースしたアルバム『Dreaming Tracks』は、タイトル通り私たちを夢に誘い、そのままそこに取り残してしまうような、柔らかくも物憂げな、上質のポップで満ちている。オープニング曲「Dream Happening」やタイトル曲「Dreaming  Tracks」をことさら挙げるまでもなく、アルバムは最初から最後まで、隅々まで意識的に構築・演出された「夢の世界」を創出している。

Neil Broganという才能あるアーティストのソロプロジェクトとして始まったSea Pinks。ぶっきらぼうなまでに純真なようで、ちょっと気難しい皮肉屋の貌がはっきり出ている曲たちは、Neilその人の素顔を映すのかもしれない。以前からベルファストの音楽シーンでは注目を集めていた存在だったが、4作目『Dreaming Tracks』は、軽やかに弾みながらも揺るぎない安定感を湛え、彼の大きな成長、そして飛翔を感じさせる仕上がりになっている。

そのアルバムは、チェロの微かな音色を入り口として始まる。聴き手はその魔法の糸のような音を手繰るうち、いつしか現実から遠ざかり、アルバムの世界にひきこまれてしまっている。そしてひとたび絡め取られたら、そのあとに見る夢は、聴き手によりさまざまであるはずだ。でも、私たちは―そう、私たちには、聴きながらどうしても、思い出してしまう存在がある。

私たちをベルファストに導いてくれたのは、Panda Kopandaというバンドだった。7年前の夜も、そのバンドは確かにベルファストにいて、私たちをその遠い場所で優しく迎え、音楽で包み、彼らの街を見せてくれた。それから幾つベルファストのバンドと恋に落ちたか知れないけれど、入口を開けてくれたのは、間違いなくPanda Kopandaだった。でも、そのPanda Kopandaは、少なくとも元のかたちのままでは、もう現実のステージには決して戻ってくることができなくなってしまった。

『Dreaming Tracks』のチェロを弾いているのは、そのPanda Kopandaのギタリスト、Jonny Agnewだ。さらに現在Sea Pinksのメンバーとしてドラムを担当するのは、Jonnyの弟でPanda Kopandaのドラマーでもある、David Agnewである。Panda Kopandaのファンとしては、Sea Pinksを通して、大好きなミュージシャンたちと再会できた喜びに浸らずにいられないのだ。

でも、誤解しないでほしい。私は決して、『Dreaming Tracks』を支える音の根底に、Panda Kopandaの潮流が汲まれていると主張したいわけじゃない。それはNeilに対してすごくフェアじゃないし、正しくもないと思う。二つのバンドは、全然似ていない。それでも音の向こうにPanda Kopandaを見てしまうとしたら、それはきっと、Sea Pinksが現実から道を一本迷い込んだだけの場所に築いてくれた、すごくリアルな夢の世界のなせる業なのだ。

こんなバンドに出会って魅せられるうち、出口を見失ったベルファストで迷子になったまま、帰れなくなってしまう。でもそれでいい。しばらくは現実を忘れ夢の音に身を浸して、まだ目を覚ましたくはない。

 天川かひる(a.k.a.1号)

Sea Pinks – Dream Happening

http://seapinks.tumblr.com/
http://seapinks.bandcamp.com/
https://www.facebook.com/seapinks

 

 

 

広告

eejitrecords について

イージットレコードは スコットランドと北アイルランドの インディー・ロックバンドを断然応援中!

投稿日: 04/12/2014 | カテゴリー: イチ押し | パーマリンク 2014年12月のイチ押し:Sea Pinks はコメントを受け付けていません。.

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。