カテゴリー別アーカイブ: イチ押し

Our Band of December 2014: Sea Pinks

SeaPinks-Photo

Touch of dream – Sea Pinks

Living a real life. It’s sometimes helplessly bitter and painful, and that’s exactly why it can also be blessed and joyful. Spending most of my time just to cope with my own life, I sometimes stop to see how far I’ve come. Then I can’t help thinking in blank surprise: what have I got now? Is this really what I wanted?

When I was a little girl, I was always eager for the vaguest sorts of things: an alley I’ve never been to; an accessory shop no one else knows; a café my mother secretly took me to; beautifully wrapped boxes in the shop window. I didn’t care where they were or what was inside. I must have been searching for the entrance to lead me to somewhere different. After all though, I wonder where those childhood fancies have gone and if I have managed to replace the uncertainty with something solid.

I visited Belfast for the first time seven years ago, at almost exactly the same time of the year as now. The city was fringed with delicate white lights and there was even the big wheel in the front garden of the City Hall along with the Christmas market. Every pub and café I went in was filled with light laughter and warm, wet air. It was a rain sodden city which was stuffed with my childhood dreams.

Sea Pinks, a band from very Belfast, started as a solo project of a talented musician Neil Brogan, who has always attracted much attention in Belfast music scene. Several years after its birth, Sea Pinks became a three piece and that added further stability and consistency to their music.

Released in September 2014, their lightly swinging fourth album “Dreaming Tracks” certainly displays Neil’s musical progress and potential as a full band. Just as titled, it’s full of velvety, slightly sombre, dreamy pop tunes. Although I don’t know Neil in person, I’d imagine him as somewhat bluntly innocent, moody and cynical, if his tunes faithfully reflect him.

No need to mention the opening track ‘Dream Happening’ or the title track ‘Dreaming Tracks’ in particular, it’s obvious that this album successfully weaves a skilfully detailed dream world of its own. As the album opens with a distant sound of the cello and listeners follow the magical strings, they stray into the world before they know it. Once caught by the album’s sound, the listener is bound to dream their own individually different dream there.

In my own dream, there is someone I’d see: Panda Kopanda, the band who led me to Belfast. They’re the band who certainly existed in Belfast that night seven years ago. They welcomed me, muffled me up in their music and showed me their city. I have probably fallen in love with a countless number of bands from Belfast since then, but without any doubt, it was Panda Kopanda who opened the door for me. Sadly though, I can’t see the original Panda Kopanda on stage anywhere but in my dream anymore.

I’m not groundlessly being nostalgic here. It’s actually Jonny Agnew, the guitarist of Panda Kopanda, who plays the foregoing cello in “Dreaming Tracks”. Also, the stronger connection is the Sea Pinks’ drummer David Agnew, Jonny’s brother and the drummer of Panda Kopanda. It’s definitely more than natural for me to feel happy to meet my favourite musicians again via Sea Pinks.

Don’t get me wrong though. I would never wish to claim that Panda Kopanda are part of Sea Pinks’ music. That’s not fair, or simply not right. The two bands are just so different. If I still dream of Panda Kopanda through Sea Pinks, it’s probably just because I’m mesmerised and confused by the realistic dream which Sea Pinks created with their music somewhere just one alley away from the real world.

I remain totally lost in Belfast as I constantly encounter fascinating bands like Sea Pinks. That’s okay for now. I want to forget about the reality, want to immerse myself in the dreamy sound and don’t want to wake up yet.                                                                                                                                                                                                                                                                                                              written by C. Tenkawa

Sea Pinks – Dream Happening

http://seapinks.tumblr.com/
http://seapinks.bandcamp.com/
https://www.facebook.com/seapinks

 

 

 

2014年12月のイチ押し:Sea Pinks

SeaPinks-Photo

夢の手触り Sea Pinks

現実を、生きてる。それってそれだけでどうしようもなく苦かったりしんどかったり悲しかったり、だからこそうれしかったり楽しかったりもあるのだけれど。夢中で生きてそれだけで精いっぱいになって、ふと立ち止まったとき、つみ重ねた時間の山を前に、呆然と思ったりする。「それってホントに、私のほしいものだったんだっけ?」

小さいとき、やたらと不確かなものにあこがれた。通ったことのない小路、自分しか知らない雑貨屋、母が内緒で連れていってくれた喫茶店、ショーウィンドーに飾られたプレゼントの箱。そこがどこかとか、中身は何かなんて、どうでもよかった。ただ、どこか違う世界に迷い込むための、夢への通路を探していたんだと思う。でも、それは全部、どこに行ってしまったんだろう。結局その不確かな憧れを、私は形あるものとして見つけることはできたんだろうか。

7年前に初めてベルファストへ行ったとき、ちょうど今ぐらいの季節だった。街はほのかな白色のイルミネーションで飾られていて、クリスマスマーケットが立っている市庁舎前の広場には、観覧車まで回っていた。入るカフェやパブはどこも、温かく湿った空気に満ちて、人々の笑いで華やいで。それは幼い私のあこがれたすべてが詰まったような、冷たい雨にそぼ濡れた、小さな夢の街だった。

そんなベルファストのバンドSea Pinksが2014年9月にリリースしたアルバム『Dreaming Tracks』は、タイトル通り私たちを夢に誘い、そのままそこに取り残してしまうような、柔らかくも物憂げな、上質のポップで満ちている。オープニング曲「Dream Happening」やタイトル曲「Dreaming  Tracks」をことさら挙げるまでもなく、アルバムは最初から最後まで、隅々まで意識的に構築・演出された「夢の世界」を創出している。

Neil Broganという才能あるアーティストのソロプロジェクトとして始まったSea Pinks。ぶっきらぼうなまでに純真なようで、ちょっと気難しい皮肉屋の貌がはっきり出ている曲たちは、Neilその人の素顔を映すのかもしれない。以前からベルファストの音楽シーンでは注目を集めていた存在だったが、4作目『Dreaming Tracks』は、軽やかに弾みながらも揺るぎない安定感を湛え、彼の大きな成長、そして飛翔を感じさせる仕上がりになっている。

そのアルバムは、チェロの微かな音色を入り口として始まる。聴き手はその魔法の糸のような音を手繰るうち、いつしか現実から遠ざかり、アルバムの世界にひきこまれてしまっている。そしてひとたび絡め取られたら、そのあとに見る夢は、聴き手によりさまざまであるはずだ。でも、私たちは―そう、私たちには、聴きながらどうしても、思い出してしまう存在がある。

私たちをベルファストに導いてくれたのは、Panda Kopandaというバンドだった。7年前の夜も、そのバンドは確かにベルファストにいて、私たちをその遠い場所で優しく迎え、音楽で包み、彼らの街を見せてくれた。それから幾つベルファストのバンドと恋に落ちたか知れないけれど、入口を開けてくれたのは、間違いなくPanda Kopandaだった。でも、そのPanda Kopandaは、少なくとも元のかたちのままでは、もう現実のステージには決して戻ってくることができなくなってしまった。

『Dreaming Tracks』のチェロを弾いているのは、そのPanda Kopandaのギタリスト、Jonny Agnewだ。さらに現在Sea Pinksのメンバーとしてドラムを担当するのは、Jonnyの弟でPanda Kopandaのドラマーでもある、David Agnewである。Panda Kopandaのファンとしては、Sea Pinksを通して、大好きなミュージシャンたちと再会できた喜びに浸らずにいられないのだ。

でも、誤解しないでほしい。私は決して、『Dreaming Tracks』を支える音の根底に、Panda Kopandaの潮流が汲まれていると主張したいわけじゃない。それはNeilに対してすごくフェアじゃないし、正しくもないと思う。二つのバンドは、全然似ていない。それでも音の向こうにPanda Kopandaを見てしまうとしたら、それはきっと、Sea Pinksが現実から道を一本迷い込んだだけの場所に築いてくれた、すごくリアルな夢の世界のなせる業なのだ。

こんなバンドに出会って魅せられるうち、出口を見失ったベルファストで迷子になったまま、帰れなくなってしまう。でもそれでいい。しばらくは現実を忘れ夢の音に身を浸して、まだ目を覚ましたくはない。

 天川かひる(a.k.a.1号)

Sea Pinks – Dream Happening

http://seapinks.tumblr.com/
http://seapinks.bandcamp.com/
https://www.facebook.com/seapinks

 

 

 

2013年10月のイチ押し:Feet For Wings

FFWFeet For Wings

君がいるから、迷わない。

 
「オルタナティブ・フォーク・ロック」とか、呼んでしまえば簡単なのかもしれないけれど。Feet For Wingsの魅力は、一部だけを見て何らかのジャンルに帰しただけでは決して見つからないところにある。いつだって彼らの音楽は、中に相反する二つのものを抱えているからだ。

若さと老練。影と光。冷静と熱情。触れる指先が震えてしまうほどの繊細さと、何にも揺るがされない強さと確かさ。彼らの郷里ベルファストそのままに、雨に煙った冷たい沈んだ静けさに縁取られながら、さまよった末に小路の暖かいパブに入ったときの、心からほっとする暖かさを持ち合わせている。そう。それらの入り組んだ二面性こそが、彼らの魅力の鍵なのだ。

たとえばまず、彼らのEP ”The Colder Stone”や、シングル”Rose Before Bloom”、”If Dawn Doesn’t Come”を聴いてみてほしい。時に消え入りそうなほど儚く、時に聞き手の心を掻き立てるように熱を帯びたアコースティック・ギターの音色に、無垢なようで憂いを帯びたコーラスが乗る。ライブでさえも隙の無い、完璧な静謐。―だがこの静謐には、確かに人の血が通っている。

2013年9月にリリースされた彼らの最新EP、”Homes”は、その二面性をより際立たせながら、さらに進化した作品に仕上がった。この作品に先立ってリリースされた曲と比べると、若さやポップさが前面に出た音作りがされている。エレキギターを主役に掲げるようになった彼らの音楽は明るさをぐっと増し、あちこちに散りばめられたきらきら輝く音の欠片は、冬の街の夜を彩る白や金の華奢なイルミネーションを思わせる。

けれど一方で、やはりその明るさも一面的なものではなく、常に脆さや憂鬱、或いはちょっと猫背にすねたような気難しさを湛えている。それは念入りにミックスされた音や様々な表情を持った声や旋律だけでなく、彼らの歌う言葉からももたらされる。たとえば表題作’Homes’で、きらめく音に乗った透きとおった声で歌われるのは、「家」と呼ぶべき場所を探して彷徨う若者の心の声だ。どの曲に関しても、彼らの歌う歌詞は仄暗くどこか漠然としていて、決して具体的に共感を呼びやすいものではないかもしれない。けれどその分、イメージを膨らませ、自らの心の中の叫びと彼らの声を重ねられる余地を誰もに与える。

複雑な二面性を抱えているようでいて、まっすぐで、決して聴き手を迷子にはしない音楽。こんな素晴らしい作品をリリースした彼らは、何とまだハタチになるかならぬの大学生だという。異なる街で暮らしはじめた双子の青年が、お互い離れた土地で得たもの感じたことを反映させて紡ぐ音楽。彼らも彼らの音楽も、これから更に成長して行くのだと思うと、先がますます楽しみだ。 (1号)

 

Feet for Wings – Rose Before Bloom

http://feetforwings.bandcamp.com/
https://www.facebook.com/FeetForWings